アメリカ人のママと結婚してはや13年、3人のハイブリッド(あえてハーフと呼びません)キッズのパパの子育て奮闘記です。


by takatsugupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

孤独なPLAYER

子供に「なに~今のゲーム」「負けて悔しくないの」「やる気あるの~」ついつい言ってしまうことがありませんか?それは、長男のテニスの初ゲームのことでした。もしかしたらと思いましたが、やっぱり1ゲームもとれないままあっという間に終わってしまいました。彼が僕の所にもどってきたとき、「やっぱり負けたなあ~」何気ない一言だったのですが、長男は「うん」といってその場を離れてしまいました。そのあと同じスクールのテニス経験の豊富なお父さんと話をしている時、そのお父さんが言ったことに自分が完全にあてはまってしまい恥ずかしくなりました(僕はテニス未経験です)。
その話は、こうです。「特にテニスをしたことがない親に多いんだけど、結構熱くなりすぎて子供が負けて帰ってきたときについ結構きついこと言っちゃうんだよね~。それってどうかなあと思うよ。コートの中ってすごい孤独なのよ。あの広いコートに一人で出て行って戦うんだからすごい勇気がいるのよ。それだけでも大変なんだから、子供がゲームが終わって帰って来たときぐらい優しく迎えてやらなくちゃあ。ねえ、そう思うでしょ」とのこと。返す言葉がなく俯いてしまいました。
長男は初めての試合で、それもその日の第一試合。みんなの注目にさらされて、それでも勇気だして一生懸命戦ってきたのでした。その子にむかって自分が何をいったのか思い出し、取り返しのつかないことをしてしまったと思いました。
すぐに長男をつかまえて謝りました。心の底から「ごめんよ」と。彼の目に涙がどんどんたまっていくのに気がつきました。みんなに見えないようにそっと涙を拭いてやり、ギュッと抱きしめてしまいました。
それからは、勝っても負けても、試合の後は「すごいリターンができたね」とか「よく足がうごいてたね」とか具体的にほめてあげるようにしています。「よくがんばったね」はちょっとばく然とているので使わないほうがいいかなと思っています。。「それからまた一緒に練習しような」で締くくるようにしています。
本当にその話をしてくれたお父さんにはとても感謝しています。
by takatsugupapa | 2010-07-21 06:35

I Love You

最近三年生の長男は学校に行く時にハグ&キスをしなくなりました。照れくさそうに「行ってきます」というだけです。反対に二男の一年生はまだ不安なのか僕とマリースにハグ&キスして、門をでるときに必ず振り返り投げキスをしてくれます。
「I Love You」「大好き!」っていうのは僕にとってもとても難しいです。アメリカで暮らしていた時は、こうした愛情表現は妻に対しても、子供たちに対しても日常茶飯事でした。そのうえハグしたりキスしたりは当たり前。それが人前でもです。
日本に帰ってきてこれを公衆でするのはとても恥ずかしくなりました。でも時々、子供たちや妻に今すぐこの瞬間に「I Love You」って伝えたい瞬間があります。でもそれがどうしてもできなくて歯がゆいことがあります。
ある日、みんなで近くの海岸を散歩していた時、二男と手をつないで歩いていました。その時二男がその小さな手で僕の手を3回「ぎゅっ」「ぎゅっ」「ぎゅっ」と握りました。僕は?????という感じで「なにそれ?」と尋ねると、二男は「お母さんに教えてもらったシークレットシグナルよ」「意味はI Love Youよ」と」教えてくれました。なるほどと思いにっこりしました。
それからこれは家族共通のシークレットシグナルになり、恥ずかしがりの僕や長男にとってもとても便利な言葉になりました。街中でも「ぎゅっ」「ぎゅっ」「ぎゅっ」と握れば、「ぎゅっ」「ぎゅっ」「ぎゅっ」とかえってきます。そしてお互いにっこりすればそれでOKです。幼い子供にとってやっぱりストレートに親から愛情を表現してもらえるととても安心します。そんな恥ずかしいことできるかとおもうかもしれませんが、これを一度試してみてください。「I Love You」っていう言葉以上のものが、お互いに伝わるはずです。心がすこしあったかくなります。
by takatsugupapa | 2010-07-20 10:51