人気ブログランキング |

アメリカ人のママと結婚してはや13年、3人のハイブリッド(あえてハーフと呼びません)キッズのパパの子育て奮闘記です。


by takatsugupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Ben の目線

「つけといて」「いや~だ~!絶対いや~」「そんなこと言わないでもう少しだけ~」「いや~もうはずす!」こうした会話を毎日のように繰り返していました。
アメリカで働き始めた最初の年のこと、僕はBenという6歳の子供を受け持ちました。ベンは学校の近くのイチゴ農家の5人兄弟の末っ子でした。クラスでは全く言うことをを聞かず、すぐに癇癪を起すので僕はどうしたらいいかよくわかりませんでした。Benは生まれたときから右目があまりよく見えず今までに何度も手術を繰り返していました。そのため右目を使わすために正常な左目に目全体を覆う大きな絆創膏を午前中張っていなければなりませんでした。彼ははそれをとても嫌がりいつもそれをすぐに剝してしまおうとするので、それをつけておくようにいってもなかなか言ううことを聞いてくれませんでした。
Benの両親も絆創膏の上にキャラクターのシールを貼ったり、お姉さんは絆創膏の上に目を描いたりしていましたが、どうしてもすぐ剥いでしまいました。
ある日、どうしていいかわからなくて同僚のジョアンに相談してみました。彼女は「ベンの態度にはなにか原因があるはずよ、それを見つけられると少しは楽になると思うよ。子供たちはみんな一緒、やさしいいい子ばかり、彼らのコンディションやまわりの環境に左右されるのよ。」とニッコリ。そんなわかりきったことを今更いわれて余計へこんでしていると、最後に「子供の視線でみてみたら。」といって自分のクラスに帰っていきました。
Benの場合彼のネガティブな行動はたぶん絆創膏が原因のはずです。でもどうすればいいのか、両親からは必ず貼っておくように言われているし・・・・。その時ジョアンの最後の言葉「子供の視線」を思いだしました。
次の朝、ベンが教室に入ってきたとき、僕を見てきょとんとしていました。というのは、僕もBenと同じように右目(僕の場合右目が利き目の為)に絆創膏をはっておいたのです。確かに実際どんなものなのか知りもしないで、Benに強制するのはよくないと思ったからです。そしてBenと一緒にシールを選びお互いの絆創膏に貼り合いました。1時間ぐらいは大丈夫なのですが、そのうち目がすごく疲れてきて、その後ひどい頭痛がしてきました。また視界が半分しかないのですごく不安になってきました。顔ではにこにこしているのですが内心「おお~これはしんどいな~、今すぐにでも外したいなあ」と思っていました。
子供たちが帰った後、急いで絆創膏を剥がしました。Benがあんなに言うことを聞かないのもわかりました。片目だと、頭痛がしたり、ものすごくイライラし6歳の子供にはどう対処すればいいのかわからないので周りの物は人に当たり散らしてしまっているのです。Benに対して今までとは違う気持ちで接することができるような気がしました。
実際、Benがどのように感じているかわかったからといって、すぐにBenに態度が変わったわけではありませんが、Benとの距離が一歩近くなり少なくとも僕自身がそんなにイライラしなくなりました。
by takatsugupapa | 2009-05-24 20:51 | 子育て

いないいないばあの秘密

     長女(2才)の話ですが、彼女がなかなか一人で寝てくれません。長男(7才)と二男(5才)はアメリカ生まれで、赤ちゃんの頃から一人でCrib(赤ちゃん用ベッド)で寝てもらっていたので、今では全く問題なく絵本を読み聞かせした後は一人で自分の部屋で勝手に寝てくれます。これは、親にとってとても助かります。ホテルなどに泊まった時、子供と一緒に寝ると全然ぐっすり眠れないのです。
それでも、長男が赤ちゃんのころは、一緒に寝てもいいのになあと思っていましたが、マリースは長男をCribにいれて手すりを持ち上げると、「おやすみ」と言って部屋のドアを閉めてしまい、あとは長男がいくら泣こうが、泣き疲れて寝てしまうまで放って置いていました。最初はかわいそうに思うのと近所の人に警察でも呼ばれはしないかとハラハラしていました。でもこのおかげで、2才半ぐらいには自分でベッドに入ってくれるようになり、すごく僕たちにとっては楽になったのと、ぐっすり寝れるので起きている時は気分すっきりで子供に対してもイライラしないし、全力で子供に接してあげられるようになりました。
それが、長女の場合どうも甘やかしてしまうのと、大声で泣かれるので近所迷惑を考えてしまい、ついつい一緒に寝てしまっていました。僕の間違いは彼女のベッドで一緒に絵本を読むのですがそのうちついつい僕の方が先に眠ってしまうのです。そうこうしているうちに、長女は2才半にもなるのに全く一人では眠れなくなってしまいました。
     2週間ほど前にマリースがこれではダメだということで、「エマを一人で寝させる計画」を始めました。まず最初は、絵本を読んだあとベッドの隣にイスを置きそこに座って彼女が眠るまで待ちます。最初の3日ほどは泣き疲れて眠っていましたが、毎朝、彼女が起きると「Wow,you are now a big girl! You slept alone all night! Good job!」と言って褒めてあげていました。彼女も結構うれしいらしくその夜も一人で寝れるよといいます。(実際はすんなりとはいかないのですが)その後イスの位置を少しづつドアの方向に移動させていき、おとついからは、ドアの外にイスを置き(彼女から見えるようにドアを開けて)ようになりました。また彼女が泣く時間もだんだん短くなり昨日は2,3分泣いただけでした。そのうちイスを彼女から見えない位置に移動させて、最終的にはおやすみのキスで済むようになればと思っています。今のところ順調です。
     そこで大事なのは必ず朝彼女が起きたときには、僕たちのどちらかが(できれば前の夜イスに座った人)が、彼女を迎えてあげることです。これはいないいないばあと同じなのではないでしょうか。赤ちゃんの時によく「いないいないばあ」であそんであげるのですが、実は赤ちゃんにとってこの遊びはとても重要なのではないかと思います。というのは、赤ちゃんの時に「いないいない」のときにいなくなった人が「ばあ 」でまた戻ってくることを覚えます。お母さん、あるいはお父さんは、時々自分の前からいなくなるけど必ず自分の前に戻ってきてくれると気づきます。こうして少しづつTrust(信頼)と安心を覚えていきます。同じように、長女も少しづつ、夜一人で不安になると思うけど、お母さん、お父さんを信用して眠ると必ず次の朝にはまた彼らが戻ってくることを覚えていっているんだと思います。だから朝には笑顔で「Good Morning!」で大きなハグとたくさんのキスで長女(長男と二男も)を迎えてあげるようにしています。
     こう考えるようになって、いつもの変わらない朝が、今では毎朝が少し違う朝(ちょっと大事な朝)に感じられるようになりました。
     
by takatsugupapa | 2009-05-21 20:15 | 子育て