人気ブログランキング |

アメリカ人のママと結婚してはや13年、3人のハイブリッド(あえてハーフと呼びません)キッズのパパの子育て奮闘記です。


by takatsugupapa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:未分類( 10 )

孤独なPLAYER

子供に「なに~今のゲーム」「負けて悔しくないの」「やる気あるの~」ついつい言ってしまうことがありませんか?それは、長男のテニスの初ゲームのことでした。もしかしたらと思いましたが、やっぱり1ゲームもとれないままあっという間に終わってしまいました。彼が僕の所にもどってきたとき、「やっぱり負けたなあ~」何気ない一言だったのですが、長男は「うん」といってその場を離れてしまいました。そのあと同じスクールのテニス経験の豊富なお父さんと話をしている時、そのお父さんが言ったことに自分が完全にあてはまってしまい恥ずかしくなりました(僕はテニス未経験です)。
その話は、こうです。「特にテニスをしたことがない親に多いんだけど、結構熱くなりすぎて子供が負けて帰ってきたときについ結構きついこと言っちゃうんだよね~。それってどうかなあと思うよ。コートの中ってすごい孤独なのよ。あの広いコートに一人で出て行って戦うんだからすごい勇気がいるのよ。それだけでも大変なんだから、子供がゲームが終わって帰って来たときぐらい優しく迎えてやらなくちゃあ。ねえ、そう思うでしょ」とのこと。返す言葉がなく俯いてしまいました。
長男は初めての試合で、それもその日の第一試合。みんなの注目にさらされて、それでも勇気だして一生懸命戦ってきたのでした。その子にむかって自分が何をいったのか思い出し、取り返しのつかないことをしてしまったと思いました。
すぐに長男をつかまえて謝りました。心の底から「ごめんよ」と。彼の目に涙がどんどんたまっていくのに気がつきました。みんなに見えないようにそっと涙を拭いてやり、ギュッと抱きしめてしまいました。
それからは、勝っても負けても、試合の後は「すごいリターンができたね」とか「よく足がうごいてたね」とか具体的にほめてあげるようにしています。「よくがんばったね」はちょっとばく然とているので使わないほうがいいかなと思っています。。「それからまた一緒に練習しような」で締くくるようにしています。
本当にその話をしてくれたお父さんにはとても感謝しています。
by takatsugupapa | 2010-07-21 06:35

I Love You

最近三年生の長男は学校に行く時にハグ&キスをしなくなりました。照れくさそうに「行ってきます」というだけです。反対に二男の一年生はまだ不安なのか僕とマリースにハグ&キスして、門をでるときに必ず振り返り投げキスをしてくれます。
「I Love You」「大好き!」っていうのは僕にとってもとても難しいです。アメリカで暮らしていた時は、こうした愛情表現は妻に対しても、子供たちに対しても日常茶飯事でした。そのうえハグしたりキスしたりは当たり前。それが人前でもです。
日本に帰ってきてこれを公衆でするのはとても恥ずかしくなりました。でも時々、子供たちや妻に今すぐこの瞬間に「I Love You」って伝えたい瞬間があります。でもそれがどうしてもできなくて歯がゆいことがあります。
ある日、みんなで近くの海岸を散歩していた時、二男と手をつないで歩いていました。その時二男がその小さな手で僕の手を3回「ぎゅっ」「ぎゅっ」「ぎゅっ」と握りました。僕は?????という感じで「なにそれ?」と尋ねると、二男は「お母さんに教えてもらったシークレットシグナルよ」「意味はI Love Youよ」と」教えてくれました。なるほどと思いにっこりしました。
それからこれは家族共通のシークレットシグナルになり、恥ずかしがりの僕や長男にとってもとても便利な言葉になりました。街中でも「ぎゅっ」「ぎゅっ」「ぎゅっ」と握れば、「ぎゅっ」「ぎゅっ」「ぎゅっ」とかえってきます。そしてお互いにっこりすればそれでOKです。幼い子供にとってやっぱりストレートに親から愛情を表現してもらえるととても安心します。そんな恥ずかしいことできるかとおもうかもしれませんが、これを一度試してみてください。「I Love You」っていう言葉以上のものが、お互いに伝わるはずです。心がすこしあったかくなります。
by takatsugupapa | 2010-07-20 10:51

子供の機嫌が悪い理由

時々、次男(5才)はものすごく機嫌が悪いときがあります。兄弟と仲良く遊べなかったり、自分がしたいことができないと泣きわめいて手がつけられなくなります。この子は大変だなあと思っていると、時にはすごく落ち着いている時もあります。ずっと何でこんなに気分にむらがあるのかなあとおもったり、この子はムーディなのでしょうがないかとあきらめたりしていました。
僕はものすごい埃(ダストマイス)や杉花粉、カビにアレルギー(hay fever)があるのですが(1週間前ぐらいからとてもしんどいです。今年は目まで痒くてすごいイライラします)、アレルギーがあるときは、くしゃみ、鼻水としんどくて、なにもする気がしなくなりすごくイライラします。子供たちにも当たり散らすこともあります。昨日も子供たちがなにか言い争いをしているのが我慢できず大きな声で怒ってしまいました。
その時ふと思ったのは、次男に気分のむらがあるのは本当に彼の性格からなのか?なにかほかに原因があるのでは?と考えてみました。彼もアレルギーがあって時々ぜんそくのようになることがあります。特に夜寝ている時に、鼻が詰まるのか、苦しそうに「ピーピー」音をたてて寝ていたり、うまく寝れないのか何度も寝返りをうっていることがあるのに気がつきました。
ダメ元で一度敷いているカーペットをはがして床ににして、空気清浄機を部屋に置いてみました。するとそれまでは鼻が詰まってしんどそうだったのに、今ではすやすやと気持ちよさそうに寝始めました。ちょっとしたことなのに劇的な変化にマリースと二人びっくりしました。びっくりしたのはそれだけではなく、次男も行動もいままでとは全然変わってしまいました。ムズがることもなく、落ち着いて彼がやっていることに集中できるようになりました。
それからは、子供が落ち着かなかったり、言うことがきけなかったりするのにはまず何か原因があるのではないか、と疑うようになりました。それは、体調が悪かったり、寝不足だったり、お腹が空いていたり、といったその子供の健康などに問題がある場合、あるいは大人があまりPaying Attentionしてなかったり、急に引っ越ししたり、アメリカにいる時よくあったのですが、片親(ほとんどの場合、お父さん)が急にいなくなってしまうなど環境の変化など、あるいは親の自分勝手な要求を押し付けている(僕はこれがよくあります。自分が疲れている時に、いつもより早く子供を寝かせようとしたり・・・))など、自分が安全に守られていないと感じる場合、あるいはADHDなど生まれつきな場合など原因は様々だと思います。ただ子供は、自分でなにが気に入らないのか説明することができません、あるいは、なんで気に入らないのか子供自身わからないことがあります。だから僕たちが、そうした子供のサインに早く気付いてあげて、こうした負の原因を取り除いてあげられれば、子供も親も毎日の生活が楽になるし、楽しくなるだろうなあと思います。
by takatsugupapa | 2009-03-20 20:04
長男の話なのですが、彼が3歳ぐらいの頃でした、彼の通っているPre-Schoolクラスの先生からの連絡で最近、彼があまり園であまりしゃべらず、先生や友達の問いかけにも反応を示さないことがあるので、一度専門の先生に観てもらってもいいですか?ということでした。
彼が通っている園はHead Start Programで、毎月1回、個々の生徒の発達状況をLAP(The Learning Accomplishment Profile )というToolを使って、7つのカテゴリー(Gross Motor Skill, Fine Motor Skill, Language Skill, Pre-Writing Skill, Cognitive Skill, Self Help Skill, Social Emotional Skill)からチェックしていきます。例えば、Language Skillでは、12~17ヶ月の赤ちゃんの場合、マーマとかダーダといった2つの音から成る言葉が言える、です。当然個人差もあるのですが、6ヶ月以上の遅れが見られる場合は、先生がすぐにEducation Coordinator、Nurse、Family Coordinator に連絡し、保護者の承諾をもらった上で、専門のセラピスト、あるいはお医者さんに再検査してもらいます。その結果、もしその子にサポートが必要だという診断がでれば、園とセラピスト(政府から派遣されます)が連携してその子供に最も適した方法でサポートしていきます。(必ず保護者の許可が必要です)(当然、保護者には経済的負担は一切ありません)またそれで問題がないとわかればよかったなあということになります。
長男の場合は、スピーチセラピストによる診断とNurseによる聴力のテストを行いました。その結果、彼の両方の耳がよく聞こえていないことがわかりました。それをマリースに言うと、そういえば最近特に彼の後方からなにか問いかけても、反応がなかったり、「は~?」と問い返したりしているということでした。小児科に連れて行くと、中耳炎にかかり耳に膿がたまっているので、うまく聞こえないということでした。結局両耳(鼓膜)にチューブ(小さなストローのようなもの)を入れてもらいました。すると、僕たちもびっくりしたのですが、今までは反応が鈍かったのが、全く聞き返すこともなく、彼の態度や機嫌もよくなりました。(人間からだの調子が悪いと不機嫌になるものです)本当に、園の早急な対応に助かりました。
LAPというチェックツールは割とおもしろいので一度見てみてください。
http://www.kaplanco.com/curriculum/LAP3_index.asp
アメリカのHead Start Program では、このEarly Intervention という考えがとても重要だと考えられています。もし子供に発達障害などがあった場合、早期発見できれば、早い段階からその子供にきちんとしたサポートを提供でき、その結果その子供の障害をほとんど取り除けたり、あるいはその家族にとっても障害という事実を受け入れうまく対応していくことが出来るようになります。親にとってみれば自分の子供になんらかの発達障害があるというのは、なかなか現実に受け入れにくいものです。そのため、第三者が客観的に共通の道具(この場合はLAPという段階における子供の発達状況確認診断要綱)を使い判断することで、発達障害の早期発見につながるのです。もしそうした道具を使わなければ、障害があるのかないのかという判断は、親、あるいは園に先生の主観的な判断に頼らざるえなくなり、時には障害の発見が遅くなり、あるいは発見されることなく、出来の悪い子、あるいは落ち着きのない子、変わった子としてほったらかしにされてしまう危険性もあります。また早期発見できても、そうした子供たち、保護者をきちんとサポートする仕組みがないと意味がないのですが.....
by takatsugupapa | 2009-03-04 19:41

せんせい、あのね・・・

    最近、子供の宿題の「せんせい、あのね・・・」にはまっています。この宿題とても興味深いです。子供とよく一緒に宿題をし始めて、いろいろなことを僕のほうが学んでいます。
    この頃、よく長男(小学校1年生)と宿題を一緒にしています。特に週末は、割と時間がとれるので、国語など彼の苦手な科目を集中して見ています。長男は、3年前に日本に来たのですが、全く日本語が分からなかったのですが、最近では、岡山弁の「ぼっけえ(すごい)」などを上手に使っています。とはいうものの、まだまだわからない言葉があるようで、少し手助が必要なようです。毎週末の宿題の中に、「せんせい、あのね・・・」の後につづけて週末にあったことなどを書く宿題があります。これが僕の気に入っている宿題です。
    先週末は、人権週間ということもあって、「みんなとなかよくするためには・・・・」というトピックスでした。そのトピックスは結構大人にとっても考えさせられるテーマで、長男と一緒に、どうやったらみんなと仲良くできるのか、Brain Storm(ブレインストーム)しているといろいろと面白いアイデアが出てくるのです。大人同士でも(大人の方が)時には合わない人がいたりして、なかなかみんなと同じように仲良くできないことがあるので、これはちょっと考えてみるのにいい機会だと思いました。
    長男といろいろ話し合った結果、「みんなとなかよくするには」まずその人のことをよく知る必要があることにきがつきました。僕もそうなのですが、その人のことをなにも知らないでその人の見た目とか雰囲気、あるいは他人から聞いた情報だけでその人を判断していることがあります。もしその人のことを知って、ひとつでもその人の良い点がわかればきっとその人と仲良くなれると思います。ただその人のことを知るには、まず話をする必要があります。それで、人と話すのが苦手な僕と長男はどうすればいいのかしばし考えましたが、結局はじめは勇気をだしてあいさつから始めればなんとかなるという結論に達しました。
    長男と一緒に「あのね」帳をすることの利点は、自分の日々の行動をもう一度振り返ってみて、子供にとってちゃんとしたRole Model(お手本)になっているか確認できることです。前にも書いたのですが、Actions speak louder than words. 「自分ができないことを、無理に子供にさせるな」というのが僕のモットーなので、子供に皆と仲良くしなさいという限り、自分もみんなと仲良くしなければならないのです。というのは、僕も時々道を歩いている時、あまり好きではない人とすれ違う時などは、無視したりしたのですが、これからはそういう人にこそ挨拶をしていけばすこしづつでもその人のことを知るきっかけができるのではない化と思います。
    このように「あのね」帳は子供だけでなく、大人にとってもすごくためになる、Ethical toolだと思います。こんな宿題をだしてくれる学校、先生にとても感謝しています。

    今日のお勧め絵本は、Do You Want to Be My Friend? (Hardcover)
by Eric Carle
by takatsugupapa | 2008-12-16 20:42

Stiches to A Goose Egg

    子供のころよく頭をけがして、たんこぶ作ったり、縫ったりしました。よく長男と比べられ落ち着きがないとか言われましたが、次男の宿命でしょうか?今自分も長男、次男をもってみてやっぱり次男って落着きがないとは言わないけど、かなりわんぱくだなあと思います。これは初めての子に比べ子育てに慣れてくるからでしょうか?
この夏、次男は階段で忍者タートルごっこしていて、階段から転がり落ちました。当然救急センターへ直行で5針でした。結構、流血がひどかったので僕はパニック状態でなにもできなかったのですが、ママは落ち着いて頭のキズは血が出た方がいいし量も多いいよといってテキパキと動く姿をみてもう少ししっかりせねばと思いました。e0162310_2035043.jpg

    やっと抜糸ができた、1週間後、今度はお兄ちゃんとMonkeying Aroundでお兄ちゃんの後ろ頭におでこを思いっきりぶつけて、オオ泣き。びっくりして駆け寄って2度びっくり。おでこにはHuge Goose Egg(たんこぶ)!これほどおおきなたんこぶはみたことがなかったので記念写真をパチリ。弟もみんなに大きなたんこぶねーと言われ、ちょっとうれしいみたいでピースサイン。このあと、もうすぐ鴨のあかちゃんがおでこから生まれてくるよといわれ、しばらくびびっていました。e0162310_20414798.jpg
by takatsugupapa | 2008-11-20 20:41
    これは、僕がABCD幼稚園で働いている時に教えてもらった方法です。
    まず何でもいいので1枚の白い紙(コピー用紙など)を用意します。。今から例として下の文章を読んでみてください。そしてなにか感じた時にその感じた大きさによってその紙を自由にやぶります。
    例・・・4歳の男の子、たかクンは夕食の時、きちんと座って食事が出来ません。テレビを見たりおもちゃの飛行機で遊んだりしています。お母さんは友達へのメールで忙しそうです。そのうちたかクンはスープ床にこぼしてしまいました。それをみたたかクンのお母さんは・・・
    「なにしてるの!だからさっきから言ってるでしょう、ちゃんと座って食べなさいって。ほんとに全然言うことが聞けないんだから。自分がこぼしたんだから、タオルもってきて自分でふきなさいよ。なにボーットしてるのすぐとってきなさい。女の子みたいに泣かないの!男のでしょ。ほんとに仕様のない子ね!メールも送れやしないわ!ちゃんとすわって食べてしまいなさい!お隣のみなちゃんとはおおちがいね。」
    ちょっとこの例はおおげさかもしれませんが、どうでしょうか?手元の白い紙はどのようになっているでしょうか?その紙がたかクンの心のキズです。
    僕もそうなのですが、仕事の後疲れて帰ってちょっとテレビでもというときなどに 子供にうるさくされたりするとつい、きつい言葉になってしまい、一度言い始めると止まらなくなったりします。子どもたちが寝たあとなどに、「ああー今日はちょっといいすぎたなあー」なんて後悔の念にさらされます。そんなとき、ママはいつも「パパも人間だから完璧にはいかないよ。ちゃんと後悔して次の日には気をつけようと思うことが大事なのよ」なんてよく言われます。
    子供に対する大人の態度、ちょっとした言葉、あるいは言葉のトーンなどで簡単に子供の心は傷つきます。今日自分がどのように子供に接したのかもう一度、白い紙と一緒に考えてみようと思います。
by takatsugupapa | 2008-11-19 22:21
     2001年、長男Kaiが誕生した後、思い切って専業パパに。そのほうが長男にとってもいいと思ったし(彼 が生まれた2日後、9.11テロが発生し、この事件は僕の人生についての考え方を その当時大きく変えました。というのは、今しかできないことは多少無理でも、また他人がどう思おうとやったほうがいいと思うようになりました。)それで思い切って10か月間昼はホームステイパパ夜は大学院の教育学部に通うことにしました。
専業パパとはいうものの、初めての経験で戸惑うことの連続でした。ABCD幼稚園ではPre-School の先生だったので、少しは子供についてわかっているつもりでしたが、やはり赤ちゃんと5歳、6歳ではかなりというか全然違うので、抱っこひとつにしてもおっかなびっくりで、ましてやおむつ替えにいたっては、においがダメでもどしそうになることもよくありました。それでも子供が日々成長していけるのを目にしていけるというのは本当にうれしいものでした。特に初めて長男 が寝返りをするのを最初に目撃したりすると、そのことを仕事から帰ってきたママに変な優越感にひたりながら教えてあげるなんていうこともしばしばでした。
     そんな日々の中で一番困ったことは、授業の宿題と予習でした。毎晩の授業の宿題の量は尋常ではなく、その日の研究発表のレポートなどを制作している途中に、やっと寝かしつけたKai に泣かれたりすると本当にイライラが募り爆発しそうになることもありました。Kaiも6か月ぐらいになり、離乳食も食べれるようになた頃のこと。お昼にKaiをCribに座らせて離乳食を食べさせようとスプーンを握らせてあげると、とたんにそのスプーンを床にポイと落としてしまいました。それを拾ってまた握らせてると(まあスプーンは洗ったほうがよかったかもしれないですが・・・)またすぐにそれを床に落としてしまいました。僕はその時はやく食べさせて寝かしつけて恐怖のレポートを仕上げなくてはいけないという頭があるので少しイライラしながらも、またスプーンを渡してあげました。僕のイライラがおもしろかったのか、Kai はニコニコしながらそのスプーンをまた・・・なにがそんなにおもしろいのか落ちたスプーンを興味深げに上から覗き込んでいました。僕にしてみればすでにイライラは頂点で、「Ok, that's it! I guess you are not hungry.」といって離乳食とスプーンをさげてしまいました。当然Kai は大泣きです。結局僕が食べさせてしまいました。(最初からそうすればいいのにと思う人もいるとおもいますが、そうしない理由については後で書きます。*
    その夜、このことを教授に話すと、待ってましたとばかりに僕のイライラをなくす方法をおしえてくれました。以下がその方法です。
「Takaがイライラするのは、Kai の能力の発達がよくわかってないからよ。Kaiは自分の意志で手を閉じたり、開けたりすることができる(Fine Motor Skill、小さな筋肉を使う能力)ということにきずきそれを確認しているのよ。それから物は上から下に落ちる重力という概念(Cognitive Skill,認識する能力)をスプーンを落とすという体験から学習しているのよ。また落したスプーンをちゃんと拾ってくれるパパがいつも隣にいてくれている(Social Skill、社会に対応する能力)というセキュリティーの確認をしているのよ。もし子供の年齢における、こうした能力の発達を理解しおけば、スプーンを繰り返し落とすという、とってもイライラする行動も全然違った風にみえてくるんじゃない。」
それ以来、年齢による子どもの発達(子供によって個人差があるので、あくまで自分の目安として)について調べてみて、それらを理解してからは、、Kaiに対して心に余裕ができるというかKai のペースに合わせることができるようんじなり、イライラすることも少なくKai とすごす時間がとても楽しくなりました。あとはできるだけ子供と一緒のときは、子供に集中してあげることでしょうか。
(*なぜスプーンで僕が食べさせてあげればいいのにと思う人もいると思いますが、子供は経験(まずは感覚)から色んなことを学んでいくと信じているので、できるだけ自分で(手を使っても、または顔や服をぐちゃぐちゃにしてしまっても)食べさせるようにしていました。)
by takatsugupapa | 2008-11-18 22:59
ニューヨーク州の幼稚園の年長クラス(Pre-School  class)を初めて受け持った時のこと。はじめにこの幼稚園について簡単な説明をします。このプログラムは連邦政府のものでHead Start プログラムといい、低所得家族の子供たちが、小学校に上がる前に少しでも楽になるように前もって準備ができるのをサポートするものです。その中でもABCD Head Startは農業に携わる家族特に季節移動労働者、移民(おもにメキシコ、プエルトリコ、ハイチ)の子供たちのプログラムです。
僕がABCDのPre-School 2の子供たちの面倒を見ていた時のこと、本当に元気一杯の子供たちは教室中を走り回り、着任したての僕はとてもじゃないけどこの子たちの面倒なんかみれないと思いました。僕の補助先生ジェシカ(メキシコ人)は大声でスペイン語で僕になにかまくしたてるけど、(たぶん「このワイルドキッズをなんとかしてよ」的なことだと思う)全然何言ってるかわからないし、僕もてんぱってしまってあたふたするばかりでした。言えることといったら、 "No Running!" "No Hitting" "Don't throw the blocks!"ぐらいでした、そんなとき隣のクラスの先生 ジョアンが入ってきて優しくこう言いました "Taka, You had better tell the kids "walk" "Keep your hands to yourself than no running, no hitting. それからにっこりしてあっという間にこのワイルドキッズを落ち着かせてしまいました。ぼくにはまるでジョアンが天使のように見えました。しかし僕にはいくら考えても、No running と Walkの違いが全くわかりませんでした。僕はお昼休みにジョアンに違いを尋ねるとこういうことでした。
「タカ、大人でも誰かに高飛車に、これしてはダメ、あれもダメと言われ続けられたらどんな気がする?いやでしょ。子供も同じよ。いつも子供の目線でものを見て、考えることが大事なのよ」それから「No running というときの声のトーンとwalkというときのトーンの違いも気がつくでしょ」といわれ確かにそうだなと思いました。また小さい子供(1歳や2歳の子供にとって no やDon't の意味が理解できないでRunning や Hittingだけを両親から聞き混乱してしまうこともあるということでした。その時以来子供に何か言うときはいつも目線を子供のレベルに合わせ穏やかに肯定的に物を言うように心がけました。その後Pre-School 2の子供たちは何となく落ち着きを取り戻し、よく言うことをきいてくれるようになりました。
そこで
1.注意は肯定文で・・・たたいたりしたらダメでしょう よりも やさしくしようね とか なかよくあそぼうね
2.Eye Contact to Eye Level・・・注意は目と目をあわせて、腰をおとして目の高さを合わせよう
3.Consequences・・・たたくといたいよ はしるとぶつかるよ などこれしたらどうなるかを伝えること(その時はできるだけ具体的に簡潔に・・・はしるとあぶないよでは抽象的すぎて子供に伝わりにくい)
自分が疲れている時などはなかなかできないですが、ちょっと試してみてはどうでしょうか?
by takatsugupapa | 2008-11-17 20:41

はじめまして

アメリカ人のママと二人で力をあわせ、10年間ニューヨーク州で生きてきました。その間、長男、次男の誕生、二人の子育てなど、貴重な体験をした後、2005年岡山県に移住。現在3児のパパとして奮闘中です。その間にきずいたこと、日本に帰ってきて感じたことなどを独り言していきたいと思います。
by takatsugupapa | 2008-11-16 21:57